整形外科

整形外科の特徴

人間の体は、生命活動を維持するための内臓と、活動・運動をするための手足などの運動器から成っています。高齢化社会を向けた現在、生き生きと生活を続けるためには健全な運動器が必要です。整形外科は、その運動器(骨・関節・脊椎脊髄・筋肉など)の病気やケガを治療する科です。
当科では的確な診断と治療をモットーに日々診療にあたっています。

整形外科で診療している主な病気

頚椎症性脊髄症、頚椎症性神経根症、頚椎椎間板ヘルニア、後縦靭帯骨化症、腰椎椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症、腰椎すべり症、脊椎圧迫骨折、骨粗鬆症、変形性膝関節症、半月板損傷、変形性股関節症、大腿骨頭壊死症、変形性足関節症、外反母趾、扁平足、膝靱帯損傷(前十字靭帯など)、スポーツ外傷・障害、肩腱板損傷、拘縮肩(肩が上がらない)

整形外科で行う治療や検査

当院では、下記のような治療を行っています。

脊椎・脊髄疾患

脊椎や背骨の変形、坐骨(ざこつ)神経痛などの脊椎に由来する神経痛、腰椎椎間板ヘルニア・脊椎管狭窄症に対し積極的に診断と治療を行っています。

骨粗鬆症(こつそしょうしょう)

加齢に伴う骨粗鬆症(こつそしょうしょう)の薬物治療、脊椎変形や骨折の治療を行っています。

関節疾患

膝・股関節などの変形性関節症やリウマチによる関節の病気などに対する人工関節置換術などの手術治療を行っています。
また変形性膝関節症の原因となるO脚の骨切り矯正や外反母趾などの変形矯正も行っています。
最近では、肩関節が上がらない(拘縮肩)症状に対する超音波ガイド下注射および非観血的受動術を行っています。

骨折治療

四肢の骨折治療、創外固定器を用いた難治性骨折・感染性偽関節の治療を行っています。

スポーツ外傷・障害

スポーツによる体への負荷のかけすぎ(overuse)によって生じる肩関節・肘関節(内側痛、離断性骨軟骨炎)・膝関節(オスグッド病・膝蓋腱症など)の障害に対する超音波を用いた保存的治療から手術治療までを病状にあわせて行っています。また病院併設のリハビリテーションも利用し治療共に再発防止の指導も行います。
またスポーツ活動中の膝や足関節の外傷に対して正確に診断し、適切な保存治療(超音波ガイド下注射、リハビリ)および手術治療を行っています。
運動器の治療には治療後のリハビリテーションが欠かせませんが、当院には施設委託を受けた石川県リハビリテーションセンターが併設されており、在宅生活に向けて充分なリハビリテーションを提供しています。

関節手術について
脊椎・脊髄疾患について
スポーツ外来について

整形外科の診療スケジュール

 

区分
午前 新患 坂上 西村 山城 交替
新患・再診 米澤
下﨑
米澤
下﨑
再診 坂上(西村) 山城 西村
山城
米澤
下﨑
西村
坂上
交替
午後 スポーツ外来

(14:00~16:30)

下﨑

スポーツ外来を受診の際は、受診前にご連絡いただきますようお願いいたします。

横にスクロールできます

整形外科医師の紹介

  • 診療部長 西村 立也 にしむら たつや
    専門分野 関節外科、骨折、関節リウマチ
    得意な疾患・治療 変形性股関節症、変形性膝関節症、半月板損傷、関節リウマチ、大腿骨頭壊死症 人工股関節全置換術、人工膝関節全置換術、高位脛骨骨切り術、関節鏡下半月板切除術、人工膝関節単顆置換術
    所持資格 日本整形外科学会 専門医
    日本リウマチ学会 専門医
    AO Trauma Japan 上級会員(評議員)
    医師から一言 患者さん各々に合った最適な治療法を提案します。手術は最終手段と考えており、手術する場合には最良の結果をめざします。
  • 診療部長 山城 輝久 やましろ てるひさ
    専門分野 関節外科、骨折、創外固定器を用いた骨折治療・変形矯正・脚延長(Ilizarov法)、足の外科
    得意な疾患・治療 変形性膝関節症、半月板損傷、足部変形(扁平足・外反母趾) 人工膝関節全置換術、高位脛骨骨切り術、関節鏡下半月板切除術、人工膝関節単顆置換術、 創外固定器を用いた骨折治療・変形矯正・脚延長(Ilizarov法)
    所持資格 日本整形外科学会 専門医
    日本整形外科学会 スポーツ認定医
    日本整形外科学会 リウマチ認定医
    日本整形外科学会 運動器リハビリテーション認定医
    臨床研修指導医
  • 医長 米澤 則隆 よねざわ のりたか
    専門分野 整形外科一般・脊椎外科
    得意な疾患・治療 腰部脊柱管狭窄症、 腰椎すべり症、 変形型腰椎症、 腰椎椎間板ヘルニア、 脊椎外傷、 骨粗鬆症性椎体骨折、 骨粗鬆症
    所持資格 日本整形外科学会 脊椎脊髄病医
    日本整形外科学会 専門医
  • 医長 下﨑 研吾 しもざき けんご
    専門分野 スポーツ外傷・障害、膝関節外科、肩関節外科、超音波診療
    得意な疾患・治療 膝靱帯損傷(前十字靭帯など)、半月板損傷、変形性膝関節症、 スポーツ外傷・障害(疲労骨折や腱炎、野球肘など)、拘縮肩、 膝靱帯再建術(前十字靭帯、内側大腿膝蓋靱帯など)、関節鏡下半月板縫合術、膝関節周囲骨切り術、人工膝関節全・単顆置換術、 各種スポーツ障害への超音波ガイド下治療、拘縮肩への非観血的受動術
    所持資格 日本整形外科学会専門医
    日本体育協会公認スポーツドクター
  • 医員 坂上 灯 さかうえ あかり
    専門分野 整形外科一般
    得意な疾患・治療
    所持資格

診療科一覧