救急外来について

当院は、二次救急指定病院として、一次救急(風邪による高熱や家庭では処置できない外傷や症状の方)および二次救急(入院や手術を必要とする方)に対応しております。

救急外来の受診を希望される方へ

  • 緊急性のない継続的な症状の場合は、平日の外来診療を受診ください。
  • 当直の医師が診察しますが、専門医の担当でない場合もあります。
    当院では処置できない外傷や症状につきましては、あくまで応急処置の診療となります。
    ※小児科、脳神経外科、婦人科、耳鼻咽喉科、眼科、皮膚科は対応しておりませんのでご了承ください。
  • 他の医療機関から薬を処方されている時は、お薬手帳を持参し受診時にお渡しください。
    お持ちでない方は、処方されているお薬をお伝えください。
  • 三次救急(生命に危険が及ぶような重傷・重篤な方)につきましては、他院での診療をご案内することがあります。
  • 救急車により重症者の搬送があった場合は、重症患者さんを優先いたしますので、診察をお待ちいただくことがあります。
    また、重症患者さんを最優先しているため、直接来院されても診療の対応ができない場合があります。
  • インフルエンザなど感染の恐れのある患者様に対しては、他の方との接触を避けるよう配慮させていただきますのでご了承下さい。
  • 診断書の発行は原則として担当医の専門領域に限られます。
    特に交通事故に関わる診断書などは後日改めて専門医受診の際に発行となることが多いのでご了承下さい。

救急車以外(時間外・夜間・休日)での受診の流れ

  1. 病院へ事前に電話連絡をしてください。076-266-1060(代表)
  2. 症状・お名前・生年月日・受診暦・患者番号などを確認させていただきます。
  3. 来院:時間外入口からお入りください。
  4. 受付:問診票を記入・診察券・保険証等を提示いただきます。
  5. 救急外来担当看護師が症状等を確認し対応します。
  6. 医師の診察、必要な処置や検査を受けていただきます。
    入院が必要と判断された場合は入院となります。
  7. お薬の処方がある方は院内にてお薬をいただいてください。
  8. お支払:時間外での医療費の計算は出来ませんので、受診後、所定の預り金(初診:1万円 再診:5千円)を頂き、後日清算となります。

フロアガイドはこちら

預り金清算・保険証未提示について

  • 預かり金の精算は翌日(日・祝日等を除く)13時以降となっております。
  • 預り金をお支払された際にお渡しする「仮領収書」と「診察券」、「保険証」を必ずご持参ください。
  • 保険証の未提示は、診療費の全額が自費請求となりますので、1週間以内に来院いただきご提示ください。
  • その他詳細につきましては、 以下のPDFをご参照ください。

救急外来(時間外)にて受診された方へ