病院からのお知らせ

救急搬送(9/2)された患者様の 新型コロナウイルスへの感染判明について(第2報)

1 経過
9月2日午後、外傷にて救急搬送され、外科系病棟に入院した患者様について、当日の夜、抗原検査にて新型コロナウイルスに感染していることが判明致しました。
当該患者様の感染判明後、速やかに所管保健所へ報告し、保健所の指示に従い、濃厚接触者等の特定及び感染経路の調査を行いました。
なお、当該患者様については、9月3日他院へ転院致しました。

2 院内感染対策の状況
当該病棟に入院中の患者様及び当該患者様と接触のあった病院職員、計61名について9月3日PCR検査を実施致しました。
PCR検査の結果、61名全員について陰性が確認されました。
しかし、当該病棟に入院中の患者様につきましては、念のため原則退院を中止し、2週間程度の健康観察を行っております。
また、接触のあった職員で、濃厚接触を疑う職員については自宅待機とし、健康観察を行っております。

3 当院の診療体制について
当該病棟においては、原則2週間程度入退院を中止させていただきます。
9月4日午後より救急搬送患者様の受け入れを再開致しました。
外来診療については通常通りの診療を行っております。

4 今後の対応について
今後も、他に感染者の発生がないか、注意深く経過観察を行ってまいります。
あらためて今後の診療体制について変化がありましたら、速やかにホームページにてお知らせ致します。

地域の皆様や患者様には、多大なるご心配とご迷惑をおかけすることとなり、深くお詫びを申し上げます。
院内で感染拡大がないよう、安全を最優先に対応しておりますので、何卒、ご理解とご協力の程、よろしくお願い申し上げます。

令和2年9月4日
石川県済生会金沢病院
病院長  荒木 勉