病院からのお知らせ

石川県済生会金沢病院の クラスター収束および診療再開について(第9報)

日頃より、当院の運営に対し、何かとご支援、ご指導を賜り、厚く御礼を申し上げます。

さて、当院では、去る1月22日(第1報)以降、これまでに入院患者様19名、職員12名、保育所関係で4名のコロナ感染を確認しております。

このため、新たな入院受入や外来診療を休止せざるを得ない状況に至り、患者様をはじめ地域や関係者の皆様に多大なご迷惑とご心配をおかけし、心よりお詫びを申し上げます。

この間、職員一丸となって感染防止対策に取り組んできた結果、2月8日(第8報)以降、新たな感染者は確認されておりません。

つきましては、このような状況を踏まえ、今般、当院におけるクラスターはすでに収束したものと判断し、来週から段階的に診療を再開することと致しました。

なお、主に看護師の復帰状況等を勘案し、当初は入院・外来ともに対象となる患者様を制限して再開させていただきますことをご了承願います。

 

<入院の対象>           予定入院(延期された検査や手術目的)の患者様

           他院から転院する患者様

 

<外来の対象>           再診の予約患者様

           検査のみの紹介患者様

 

できるだけ早期に通常の診療体制に復旧すべく努めてまいりますので、今後ともご理解とご協力をよろしくお願い申し上げます。

 

令和4年2月16日
石川県済生会金沢病院
病院長  荒木 勉