病院からのお知らせ

石川県済生会金沢病院職員等における 新型コロナウイルス感染者の発生について(第6報)

1 経過

2月1日付け(第5報)で、これまでに累計22名が新型コロナウイルスに感染していることをお伝えしましたが、新たに患者2名、病院職員2名、委託業者職員4名の感染が判明いたしました。つきましては、金沢市保健所および石川県新型コロナウイルス感染症対策本部より、クラスターと認定されたことをご報告いたします。

2 感染者累計

     病院関連:患者13名、職員9名

  附属保育所関連:4名

   委託業者関連:4名

        計:30名

3 今後の診療体制について

感染拡大防止のため、病棟への入院、救急車の受け入れおよび外来診療の休止を継続いたします。

4 今後の対応について

感染経路等につきましては、関係機関と連携のもと、調査・精査を行っており、更なる感染拡大防止に着手しております。

経過と対応等につきましては、随時FAX・当院ホームページ等にてお知らせいたします。また、病棟への入院、救急の受け入れおよび外来診療の再開時期につきましても、その都度お知らせさせていただきます。

このたびは、地域の皆様には多大なるご迷惑とご心配をおかけし、心よりお詫びいたします。早期に通常の診療体制に復旧すべく努めてまいりますので、今後ともご理解とご協力をよろしくお願い申し上げます。

令和4年2月4日
石川県済生会金沢病院
病院長  荒木 勉