病院からのお知らせ

石川県済生会金沢病院職員等における 新型コロナウイルス感染者の発生について(第2報)

1 経過

1月21日に急性期病棟に勤務する職員(附属保育所(以下「保育所」)の園児保護者)1名、保育所の園児2名が新型コロナウイルスに感染していることが判明いたしました。
また、1月24日に保育所の園児1名、病院職員1名、1月25日に保育所職員1名、急性期病棟職員2名が新型コロナウイルスに感染していることが判明いたしました。

2 院内感染の状況

現在、感染経路および接触者の調査・PCR検査を行っており、初めに感染が確認された職員(園児保護者)と他の病院職員の感染に関連はありませんでした。また、その他の病院職員間の感染にもそれぞれ関連はありませんでした。

3 今後の診療体制について

1月30日まで、救急での受け入れをストップし、急性期病棟への入院も制限させていただきます。
また、外来診療につきましても、予約患者さんの処方や簡単な検査のみとさせていただきます。

4 今後の対応について

引き続き、感染状況の精査および観察に努めてまいります。経過と対応等につきましては、随時当院ホームページ等にてお知らせいたします。

このたびは、地域の皆様には多大なるご心配とご迷惑をおかけし、心よりお詫び申し上げます。早期に通常の診療体制に復旧すべく努めてまいりますので、今後ともご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

令和4年1月26日
石川県済生会金沢病院
病院長  荒木 勉