リハビリテーション部

それぞれの障害に適したリハビリテーション治療

脳血管障害による麻痺や言語障害、嚥下障害のある方、脊髄損傷などの麻痺のある方、骨関節疾患などの関節障害や筋力低下のある方、呼吸器疾患の方、また手術後の安静による廃用症候群など、それぞれの障害に適したリハビリテーション医療を提供いたします。

専門職によるチームアプローチ

医師、看護師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、医療ソーシャルワーカー、栄養士など専門職がチームを組んで、その方に必要なリハビリテーション医療指導をいたします。

理学療法
理学療法

作業療法
作業療法

言語療法
言語療法

急性期から回復期、そして在宅生活までを包括したケア

発症から早期にリハビリテーション医療を開始することがその後の回復に大きく影響いたします。当院では、急性期治療と同時にリハビリテーション治療を開始し、退院後の生活が自立に近づけるよう回復期リハビリテーション病棟で日常生活動作の練習や介護方法の指導、必要に応じて福祉用具や住宅改修のアドバイスを行います。また、家庭生活が円滑にできるよう退院後は訪問リハビリテーション(訪問看護ステーション)のサービスを提供しております。

急性期から回復期、そして在宅生活までを包括したケア

回復期リハビリテーション病棟対象の方

  • 脳血管疾患、脊髄損傷等の発症後、もしくは手術後2ヵ月以内の状態の方
  • 高次脳機能障害を伴った重症脳血管障害、重度の頸髄損傷及び頭部外傷を含む多発外傷の方
  • 大腿骨、骨盤、脊椎、股関節また膝関節の骨折又は手術後2ヵ月以内の状態の方
  • 大腿骨、骨盤、脊椎、股関節また膝関節の神経・筋・靭帯損傷1ヵ月以内の状態の方
  • 外科的手術後又は肺炎等の治療時の安静により生じた廃用症候群(安静によって生じる筋力低下、関節可動域制限、起立性低血圧、心肺機能低下、精神機能低下等)を有しており、手術後又は発症後2ヶ月以内の状態の方

ページの先頭へ