回復期リハビリテーション病棟

自立と可能性を求めて…

石川県済生会金沢病院回復期リハビリテーション病棟では

  • 多くの職種が協力し、患者さんの日常生活に必要な動作の獲得、家庭生活や社会復帰へのお手伝いを行います。
  • その人らしく生き生きとした生活への可能性を追求します。
  • 地域の急性期病院、退院後の生活での関係機関と連絡を密に行い、退院後も安心して生活できるようサポートします。
  • 安全な医療を心がけています。

チームで支えるリハビリテーション

回復期リハビリテーション病棟での一日

6:00 起床・着替え・洗面・はみがき・ヒゲそり・お化粧・健康チェック
8:00 朝食
8:45 個別リハビリテーション・入浴開始
12:00 昼食
13:00 個別リハビリテーション・健康チェック
18:00 夕食
19:00 就寝の準備・着替え・はみがき

リハビリテーションは訓練室だけで行うものではありません。
回復期リハビリテーション病棟では、療法士・看護師・ケアワーカー等が、ご家族の協力のもと、その方にあった日常生活での動作の獲得を目指しています。

回復期リハビリテーション病棟での一日

個別リハビリテーション

  • 当病棟では退院に向けて、安心して在宅生活を過ごせるように、入院時よりその方にあった生活プランをたてて練習していきます。また生活に必要な福祉用具の選択や家屋改修を行い、ご家族への介護指導も行います。退院後に必要な介護・福祉サービスについては、ケアマネジャー等とともに協議し、その方のよりよい生活をサポートします。
  • 当病棟では在宅生活に向けて、今後の再発予防、よりよい生活を送っていただくための各種講座を行っています。
  • 済生会金沢訪問看護ステーションとも連携をしています。

理学療法

理学療法では筋力・バランス能力・持久力などの身体機能の向上を図り、日常生活での動作や歩行・車椅子での移動の自立を目指します。またその人の能力を最大限に生かしながら安全に動作を行うための杖・歩行器などの用具の検討や生活環境の工夫についても検討し、その人らしい生活の獲得を目指します。

作業療法

作業療法ではその人にあった在宅生活を過ごすためにご本人の能力を練習によって拡大、あるいは維持したり環境や用具の工夫によって可能性を広げたりすることで自立した生活へ導きます。

リハビリテーション科専門医、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、看護師、ケアワーカー、ソーシャルワーカー等のチームの連携により一人ひとりにあったリハビリテーションを提供します。

在宅に向けて

言語・嚥下のリハビリテーション

言語聴覚士が言いたい言葉が出てこない、声が出にくいなど話すこと(言語)や食べ物がうまく飲み込めずむせてしまうなど食べること(嚥下)に対する専門的なリハビリテーションを行います。

家屋訪問

実際にその方の生活の場を訪問し、どのような工夫が必要か、ご家族、在宅スタッフと相談します。

次のような状態の方に利用していただいています

  • 脳血管疾患、脊髄損傷、頭部外傷、くも膜下出血のシャント術後、脳腫瘍、脳炎、脊髄炎、多発性神経炎、多発性硬化症の発症後もしくは手術後
  • 高次脳機能障害を伴った重症脳血管障害、重度の頚髄損傷・頭部外傷を含む多発外傷
  • 大腿骨、骨盤、脊椎、股関節、膝関節の骨折もしくは手術後
  • 外科手術または肺炎等の治療時の安静により廃用症候群を有しており、手術後または発症後
    ※発症から2ヶ月以内であり、急性期の治療が終了し、全身状態が安定している方

相談窓口

リハビリテーション科医師もしくは医療ソーシャルワーカーにご相談ください
他施設からのご希望の方は、主治医とご相談の上ご連絡ください。
来院される場合は事前にお電話にてご連絡ください。

  • 受付時間 <月~金>9時00分~17時
  • 電  話 076-266-1060
  • F A X 076-266-1070

ページの先頭へ