診療体制

入院・外来一元体制

入院・外来一元体制図


3つの分野を柱とした診療と看護 「最新かつ細心」の体制で、地域のいのちを支えています。

回復期リハビリテーション 持てる力残された力を最大限に発揮

医師・看護師・介護福祉士・MSW・理学療法士・作業療法士・言語療法士が365日体制で、1日でも早く在宅療養ができるようにリハビリテーションを行っています。

緩和ケア 穏やかな心と笑顔のある日常を目指して

がんの緩和治療と共に患者さんの日常生活をチームで支援し、24時間、家族と共に過ごせる時間を大切にしています。

透析 安全・安心・安楽を第一に患者さんをサポート

最新の透析機器を導入し、より安全で安心できる透析治療の提供に努めています。血液透析だけでなく、シャントトラブルに対する血管内治療やフットケアなど、透析患者さんの様々な問題に総合的に取り組んでいます。

地域連携部

患者さんが安心して受診できるように
日々調整を行っています。

地域連携部では「紹介患者さんに関すること」「開放病床に関すること」「セカンドオピニオン外来窓口」「退院調整」などが主な業務となっています。地域のクリニックや病院の先生方との連携により患者さんが安心して治療が受けられるよう、日々調整を行っています。

地域連携部

化学療法室

安全に、安楽に化学療法が行なわれるように
支援しています。

がん化学療法に関する専門知識を持ち、患者さんのおかれた状況や心理状態に留意し、患者さんの不安を理解し、患者さんが病気と向き合い、自分らしい生活を送ることを支援します。

化学療法室

看護外来

専門的知識を持った看護師が、
患者さんやご家族からの相談・指導等を行っています。

当院では、ストーマケア外来・緩和ケア看護外来・糖尿病看護外来・フットケア外来などを行っています。入院前・退院後も継続して患者さんのケアをサポートし、通院中の患者さんの日常生活支援やご家族への介護相談・アドバイスを行っています。

看護外来

健診センター

病気の危険因子、リスクの有無を確認しています。

特に自覚症状がない人が自分の健康状態を知って生活習慣病を予防し、隠れた病気を発見するために、不安なく受診していただけるように支援しています。

健診センター

訪問看護ステーション

安心で、安楽な在宅生活を
送っていただけるように支援しています。

病気や障害を持った人が、住み慣れた地域やご家庭でその人らしく療養生活が送れるように支援します。療養されているご自宅へ訪問して生活の質を重視した看護やリハビリテーションを提供しています。

訪問看護ステーション

ページの先頭へ