教育・研修プログラム

教育・研修

石川県済生会金沢病院の看護部は、看護職員の生涯教育の一環である継続教育を済生会本部発行「済生会看護部職員教育指針」の下、専門職業人として主体的にキャリア開発することができるよう支援します。

教育方針

病院の基本理念・方針に基づき、スタッフ一人ひとりが看護の専門職業人として成長し、質の高い看護サービスを提供できるように、年次別及び看護実践の習得段階別に教育目標を設定し、教育的支援を行います。

教育担当者の声

新人看護職員研修のキーワードは
まさに「つながり」です。

私たち看護職は、人間の生命に深く関わり、患者の生命・人格および人権を尊重する職業であると考えます。その考えを職員教育に取り入れると、全職員が新人看護職員に関心を持ち周りが共に支えあい成長することになります。

看護部教育専任管理師長 松下 育代
看護部  教育専任管理師長
松下 育代

新人看護職員は、それぞれの基礎看護教育を土台として、当院の職員研修を通して看護実践能力を蓄積していきます。その過程には、多くのメディカルスタッフの支えがあります。その職員たちの力が、病院組織全体の成長へとつながります。さらに、組織として成長した働きは、施設間・地域へとつながります。つまり、新人看護職員研修のキーワードは、まさに「つながり」です。
私たちが目指す新人教育は、個々のペースに合わせて自分自身の可能性や将来目指したい姿を検討し、自分自身が歩む姿を決定する目標を設定していけるよう教育的支援を行うことです。

継続教育の構成

継続教育の構成

ページの先頭へ