透析療法部

より快適に、安全・安心・安楽を心がけています。

より安全で安心できる透析治療の提供に努めると共に、シャントトラブルに対する血管内治療やフットケアなど、透析患者さんのさまざまな問題に総合的に取り組んでいます。

透析療法部

私たちは、透析療法を受ける患者さんやそのご家族の不安や悩みを受容、傾聴し、
患者さんが置かれている状況を正しく認識して前向きに生きようとすることを支援します。
疾病をコントロールしていくために必要な知識・技術を習得するための教育指導、
とりまく生活全般における環境の調整的役割、または精神的援助も行います。
そのため以下のような人材を求めています。

  1. 人の尊厳を守り、人間愛を持っている人
  2. 多種多様な価値観を受け入れる寛容性を持っている人
  3. 人の役に立ちたいと心から思う人

実践内容

透析室は、ベッド数43床、現在の患者数約120名です。
43床を7つのユニットに分け、それぞれのユニットに看護師が1名担当しています。
平成23年度より、透析中央監視装置を導入し、より安全な透析治療の提供に心がけています。
患者さんへ4時間の治療時間をより快適に過ごせるよう心地よい空間の提供をしています。また、シャントの管理、食事の指導、フットケアを重点的に、ベッドサイドでの教育的関わりに時間をとることで、看護に対する満足度を高められるよう取り組んでいます。

患者さんのQuality of Lifeの向上を考え看護いたします

先輩からのエール

勤務異動で3年ぶりに透析室に戻った事をきっかけに、知識の再確認と更に透析に対しての知識を深めようと思い、今回「透析技術認定士」の試験を受けました。試験のための参考書などから学習し、3年の知識面でのブランクを埋める事が出来たと日々の仕事を通じ感じます。今回、改めて得た知識を部署内のスタッフとも共有し、患者さんに関わっていければと思います。

透析技術認定士 本田 靖代
透析技術認定士
本田 靖代

ページの先頭へ