緩和ケア病棟(3A)

緩和ケア病棟について

がんに伴う様々な症状を和らげ、がんの緩和治療とともに、患者さんが少しでも穏やかに日常生活を過ごすことができるように、安楽なケアを目指し、支援することを目的としています。

また、症状が緩和され、在宅での療養も可能になった場合は退院の支援も行っていきます。

 

緩和ケア病棟の理念

「ここはあなたと家族の頼れる場~あなたの心に寄り添いたい~」

患者さんがその人らしく大切な時間を過ごせるように支援します。

緩和ケア病棟の紹介

1.入院費について

入院期間 1日あたりの費用(税込)
30日以内 50,510円
31日以上 60日以内 45,140円
61日以上 33,500円

各種健康保険負担割合に応じて、自己負担していただくことになります。
(その他、部屋代、食事代は別になります。)
高額療養費制度、高額療養費受領委任制度・貸し付け制度の対象となります。

2.病室と個室料金について

有料個室(5,400円) 特別個室(10,800円) 多床室(3人部屋)があります。

3.イベントについて(デイルーム、庭園、イベントの写真)

  • デイルームでは、毎日15時にコーヒータイム(紅茶、昆布茶)を設けています。
    ご家族や友人との語らいの場として、ご利用いただいています。
  • 毎月1回デザートバイキングを行い楽しんでいただいています。
  • 季節に応じてレクリエーションを行っています。(夏祭り、クリスマス、豆まきなど)
  • 3階の庭園では車椅子での散歩を楽しむ事ができます。

4.リハビリテーションについて

理学療法・作業療法を隣接の石川県リハビリテーションセンターやベットサイドで行うことが出来ます。リハビリにより、気分転換ができ、身体の筋肉や関節の拘縮を予防することができます。

緩和ケアについてのご相談・緩和ケア外来のご案内

毎週月曜日午後・火、金曜日午前中に緩和ケア外来を開いております。
担当医師は龍澤泰彦外科診療部長です。
予約制になっておりますので、事前のお申し込みが必要になります。ソーシャルワーカーまでご連絡ください。
また、随時、緩和ケア病棟のご見学を受け付けております。お気軽にお申込みください。

受付窓口:ソーシャルワーカー
連絡先:076-266-1060(代表)

医療福祉相談室・がん相談支援室

緩和ケア病棟についてよくあるご質問

Q.どんなときに利用できますか?

  • 痛みなどで辛い症状があり、早く症状をとってほしいとき
  • 自宅で調子が悪くなったとき
  • 家族が介護で疲れたとき
  • 抗がん剤治療をしているけれど調子が悪いとき

Q.入院後、家や施設に帰ることもできますか?

ご希望があれば外出泊、退院も可能です。
退院後も安心してご自宅や施設で過ごせるように、地域の医療機関や訪問看護ステーションなどと連携しながら、在宅療養の準備を整えます。

Q.希望すれば長期入院が可能ですか?

基本的に長期療養を目的とする病棟ではありません。
症状が緩されて落ち着いた状態になれば、なるべくこれまでの療養の場で過ごしていただけるようにお手伝いします。

Q.在宅で症状が悪化した場合は入院できますか?

24時間いつでも受け入れを行っています。

Q.転院の場合はどのくらい待つ必要がありますか?

当院の緩和ケア外来に来られて、緩和ケア入棟判定会議で検討の上、速やかに調整させていただきます。
患者さんの状態を考慮し、数日での入院の調整も行っています。