病院指標

平成27年度石川県済生会金沢病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 - 34 59 128 241 358 896 1004 673 163
一般病棟は6診療科が入院診療にあたっております。この指標では、60歳以上の患者さんが75%以上を占めております。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040080x099x0xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳以上) 手術なし 手術・処置等2なし 144 13.27 14.34 2.78 73.45
100070xxxxxxxx 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。) 80 13.20 15.35 1.25 63.88
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 56 26.43 21.69 12.50 80.89
肺炎や誤嚥性肺炎の患者さんが多く、重症化した場合は2週間以上の入院となることがあります。
糖尿病は、血糖コントロールのための教育入院が主です。
医師、看護師、薬剤師、管理栄養士等で構成されたチーム医療で生活習慣の改善指導、合併症の治療を行っております。
消化器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060020xx04x0xx 胃の悪性腫瘍 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術 手術・処置等2なし 51 7.43 9.20 0.00 70.25
060102xx99xxxx 穿孔または膿瘍を伴わない憩室性疾患 手術なし 32 9.00 7.91 0.00 59.59
060210xx99000x ヘルニアの記載のない腸閉塞 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 27 9.26 9.17 3.70 65.93
早期胃癌に対する内視鏡治療が最も多く、次いで大腸憩室炎、腸閉塞の対症療法が多いです。
その他に大腸癌、閉塞性黄疸、膵炎に対する侵襲性の低い手術や検査を多く行っております。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060040xx99x60x 直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等26あり 定義副傷病なし 37 3.24 4.51 0.00 69.30
060035xx99x50x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等25あり 定義副傷病なし 37 3.08 4.53 0.00 66.92
040040xx97x0xx 肺の悪性腫瘍 手術あり 手術・処置等2なし 33 11.70 13.03 0.00 66.85
悪性腫瘍の治療が上位を占めており、抗がん剤治療や放射線治療、手術を行っております。
その他に胆のう炎、鼠径ヘルニア、虫垂炎等に対する手術を行っております。
平均在院日数は、全国平均より短くなっています。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
070343xx97x2xx 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 腰部骨盤、不安定椎 その他の手術あり 手術・処置等22あり 139 23.35 28.11 0.72 68.61
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 68 49.71 28.70 23.53 77.90
070370xx99xxxx 脊椎骨粗鬆症 手術なし 56 24.39 24.28 14.29 81.48
脊柱管狭窄症の診療を最も多く行っております。次いで大腿骨骨折の手術、骨粗鬆症の保存的加療となっております。
股関節大腿近位骨折は、回復期リハビリテーション病棟に移りリハビリテーションを実施する患者が多いことから在院日数が長くなっています。
骨粗鬆症の症例は、高齢の患者さんが多く、加齢に伴い在院日数が長くなる傾向にあります。
その他に、膝、股関節等の診療や手術を行っています。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし - - - - -
110310xx99xxxx 腎臓または尿路の感染症 手術なし - - - - -
110200xx02xxxx 前立腺肥大症等 経尿道的前立腺手術 - - - - -
前立腺癌を疑って行われる針生検が最も多い症例ですが、DPCの対象ではないため集計されておりません。
膀胱癌や前立腺肥大症の内視鏡治療、尿路感染症の対症療法が上位となっております。
その他には、悪性腫瘍の抗がん剤治療やホルモン療法、尿失禁に対する指導等も行っております。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 60 - - 19 - 13 2 14
大腸癌 - 14 21 93 - 27 2 8
乳癌 - - - - - - 2 17
肺癌 24 12 - 13 10 - 2 7
肝癌 - - - - - - 2 6
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
5大癌とは、発症症例数が多いとされる胃癌、大腸癌、乳癌、肺癌、肝癌を示し、癌の進行度と拡がりの程度を表わすのがStage分類です。
この指標では、当院が入院治療を行った5大癌のStage分類毎の初発患者数を示しております。
胃癌はESD(内視鏡的早期胃悪性腫瘍粘膜下層剥離術)、大腸癌は化学療法による治療が多くなっております。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
重症度 0 34 9.79 55.00
重症度 1 59 15.64 79.15
重症度 2 27 18.22 81.78
重症度 3 - - -
重症度 4 - - -
重症度 5 - - -
不明 - - -
市中肺炎とは普段の社会生活を送っている中で罹患した肺炎のことを言います。
重症度は、A-PROPスコアを用い、年齢、脱水、動脈血酸素飽和度、意識障害、収縮期血圧の5因子で評価します。
各因子が1つでも不明な場合は、「不明」に分類しています。
評価数値が高ければ重症となりますが、当院は重症度2までが多く占めています。
脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 - -
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 - -
I63$ 脳梗塞 - 17 69.53 77.18 11.76
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの - -
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの - -
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> - -
I679 脳血管疾患,詳細不明 - -
この指標は、脳梗塞の病型別の患者数、平均在院日数、平均年齢、転院率を発症日から「3日以内」、「その他」を合わせて示しています。
当院は、「脳梗塞」の病型がほとんどを占めています。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K616-4 経皮的シャント拡張術・血栓除去術 167 1.98 2.52 1.80 67.23
K610-3 内シャント又は外シャント設置術 12 17.17 22.17 0.00 67.58
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他のもの) 12 1.00 2.58 0.00 70.92
透析シャントの血栓除去術を毎月10件以上行っており、透析シャント設置術を含め、末期腎不全に対する手術が上位を占めいています。
次いで心疾患に対するカテーテル治療を多く行っております。
消化器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 180 0.24 1.31 0.00 64.28
K6532 内視鏡的胃,十二指腸ポリープ・粘膜切除術(早期悪性腫瘍粘膜下層剥離術) 52 0.13 6.31 0.00 70.35
K654 内視鏡的消化管止血術 22 0.72 10.00 4.55 70.41
大腸ポリープや早期胃癌、消化管出血、に対する内視鏡治療が上位を占めております。
その他に総胆管結石、閉塞性黄疸等への内視鏡治療も行っております。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 34 2.44 5.21 0.00 58.26
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 28 2.78 7.78 3.57 62.18
K514-23 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(肺葉切除又は1肺葉を超えるもの) 20 1.90 10.05 0.00 67.15
胆のう炎、鼠径ヘルニアの手術を多く行っております。
悪性腫瘍に対する手術は、開腹手術や開胸手術はもちろん、腹腔鏡下手術や胸腔鏡下手術にも積極的に取り組んでおり、身体への負担軽減と術後日数の短縮に繋がっております。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K1342 椎間板摘出術(後方摘出術) 219 4.79 14.65 0.46 62.82
K0461 骨折観血的手術(肩甲骨,上腕,大腿) 66 5.36 36.93 24.24 74.65
K0821 人工関節置換術(肩,股,膝) 62 4.47 36.48 3.23 74.08
椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症の手術が最も多く、次いで大腿骨骨折に対する手術が多くなっております。
その他に膝関節や股関節に対する人工関節の置換手術を行っております。
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他のもの) 140 0.00 1.04 0.00 76.00
K2822 水晶体再建術(眼内レンズを挿入しない場合) - - - - -
全て白内障手術です。
DPCの対象ではないため、「診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)」の表には集計されておりません。
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(電解質溶液利用のもの) - - - - -
K8411 経尿道的前立腺手術(電解質溶液利用のもの) - - - - -
K7812 経尿道的尿路結石除去術(その他のもの) - - - - -
膀胱癌、前立腺肥大症の手術を行っております。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる - -
180010 敗血症 同一 16 0.45
異なる 11 0.31
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 24 0.67
異なる - -
この指標は、最も医療資源を投入した傷病名が「播種性血管内凝固症候群」、「敗血症」、「その他の真菌感染症」、「手術・処置等の合併症」について、患者数をカウントし全患者に対する発生率を算出したものです。
医療の質の改善に資するため、臨床上ゼロにはなりえないものの、少しでも改善すべきものとして示しています。
更新履歴

ページの先頭へ