外科

外科の特徴

地域がん診療連携推進病院としての役割

当院は県から地域がん診療連携推進病院に指定されています。当院におけるがん診療の中心的な役割を外科が担っているものと考えています。
がんに対する三大治療は手術・抗がん剤治療・放射線治療と言われていますが、外科ではがんに対する手術治療はもちろん、切除不能ながんや再発例に対する化学療法に積極的にも取り組んでいます。
また放射線治療専門医(週1回の非常勤、金沢大学附属病院から)との連携で、外科の患者さんにも放射線治療を多く行っています。
さらに三大治療と並行して、当たり前の治療として緩和ケアを行っているのが、外科の大きな特徴と言えます。

化学療法について詳しくはこちら>
緩和ケア外来について詳しくはこちら>

 

外科で診療している主な病気

  • 消化器系 : 胃癌・大腸癌・肝臓癌・膵臓癌・食道癌などの悪性疾患や胆石症、急性虫垂炎(いわゆる盲腸)、痔核、十二指腸潰瘍穿孔、腸 閉塞など
  • 呼吸器系 : 肺癌、悪性胸膜中皮腫、気胸、胸腺腫、膿胸など
  • その他  : 甲状腺癌、乳癌、鼠径ヘルニア(いわゆる脱腸)など

外科で行う治療や検査

内視鏡下手術・抗がん剤治療・放射線治療のほか、高カロリー輸液や抗がん剤治療をするための点滴ルート確保(皮下埋め込み型アクセスカテーテル・ポートの留置)、内視鏡的には困難な胃瘻・腸瘻の造設など

外科の診療スケジュール

区分
午前 新患 今井 今井 高田 富田 富田 交替
再診 龍澤 高田 龍澤 今井 交替
緩和ケア
(完全予約制)
龍澤 龍澤 龍澤

横にスクロールできます

外科の取り組み

内視鏡下手術への積極的な取り組み

小さなキズから、胸やおなかに専用のカメラや器械を挿入して行う内視鏡下手術に積極的に取り組んでいます。
キズが小さい分、痛みも軽く、回復が早く、美容面にも優れるという患者さんにやさしい手術です。
胃癌・大腸癌・胆石症・急性虫垂炎などの消化器疾患や、肺癌・縦隔腫瘍・気胸などの呼吸器疾患、鼠径ヘルニアなど、多くの疾患に対して行っています。
是非、お気軽にご相談ください。

多職種による治療方針の決定

治療に関しては、主治医単独の意見で決めるわけではありません。
各種疾患の診療ガイドラインに則り、外科の中で毎週行っているカンファレンス(症例検討会)や、消化器科・放射線科との合同カンファレンス、キャンサーボードなどで、多職種での検討を十分に行い、そのうえで患者さん・ご家族と一緒に考えます。

外科医師の紹介

  • 副院長 龍澤 泰彦 たつざわ やすひこ
    専門分野 消化器外科、内視鏡下手術、緩和ケア
    得意な疾患・治療
    所持資格 日本外科学会 指導医・専門医
    日本消化器外科学会 指導医・消化器がん外科治療認定医
    日本臨床外科学会 評議員・日本消化器内視鏡学会 指導医
    日本消化器病学会 指導医・北陸支部評議員・日本癌治療学会
    日本内視鏡外科学会 技術認定医・日本臨床腫瘍学会 暫定指導医
    日本がん治療認定機構 暫定教育医
    日本外科感染症学会(インフェクションコントロールドクター) ~2021.12.31
    日本ホスピス緩和ケア協会 理事・日本緩和医療学会 暫定指導医・代議員
    北陸緩和医療研究会 幹事・石川緩和医療研究会 世話人
  • 診療部長 今井 哲也 いまい てつや
    専門分野 消化器外科
    得意な疾患・治療
    所持資格 日本外科学会 専門医
    日本消化器外科学会 専門医・認定医
    日本消化器内視鏡学会 指導医・専門医
    日本消化器病学会 専門医
    医学博士
  • 医長 富田 剛治 とみた よしはる
    専門分野 消化器外科
    得意な疾患・治療
    所持資格 日本外科学会 専門医
    日本消化器内視鏡学会 専門医
  • 医長 髙田 宗尚 たかた むねひさ
    専門分野 呼吸器外科
    得意な疾患・治療
    所持資格 日本外科学会 専門医
    学位
    日本呼吸器外科学会 専門医
    がん治療認定医

診療科一覧