リハビリテーション科

リハビリテーション科の特徴

リハビリテーションが関わる疾患は多岐にわたり、脳梗塞・脳出血などの脳血管障害、若年者のみならず高齢者に増えている、転倒による脊髄損傷というような脳神経系の疾患。脊椎疾患・関節疾患などの運動器疾患。誤嚥性肺炎などの呼吸器疾患。がんによってひきおこされる種々の障害など、病気によりおこってくる障害に対し専門医師と専門スタッフによる治療と支援を行います。

リハビリテーション科で診療している主な病気

脳出血・脳梗塞などの脳血管疾患の後遺障害(片麻痺、高次脳機能障害、失語症、嚥下障害など)、脊髄損傷(対麻痺・四肢麻痺など)
腰部脊柱管狭窄症(歩行障害)、腰椎椎間板ヘルニア(下肢痛)、頚椎症性神経混焼(頚部・上肢痛、上肢筋力低下など)、変形性膝関節症・変形性股関節症などの関節疾患(歩行障害)、骨折(四肢・体幹の機能障害)、骨粗鬆症(骨の障害)
肺炎(呼吸障害)、嚥下障害、外科手術後や外傷後の廃用症候群

リハビリテーション科の治療と支援

  • 脳血管疾患・脊髄損傷等によって四肢が固まったり、筋がつっぱったりすることが起こる場合があります。ボツリヌス菌による局所注射で日常生活での動作(ADL)や生活の質(QOL)が改善することが期待できる場合があります。
  • 骨粗鬆症・変形性膝関節症・腰部脊柱管狭窄症などを含めたロコモティブシンドロームに対しても力を入れています。
  • 誤嚥性肺炎に対しては、理学療法士による呼吸器リハビリテーションのみならず、言語聴覚士による摂食嚥下リハビリテーションなども積極的に介入しています。
  • がん罹患により手術や化学療法が必要な方の術前からの呼吸訓練や、体力低下による日常生活動作の困難さへの支援をおこない、QOLを高めるように、チームで取り組んでいます。
  • リハビリテーションを中心とした入院加療が必要な方は、回復期リハビリテーション病棟での入院となります。
    リハビリテーション科専門医、看護師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、医療ソーシャルワーカーの多職種が介入するチーム医療で家庭復帰、社会復帰を支援していきます。

リハビリテーション科の診療スケジュール

区分
午前 8時30分〜
10時30分
岸谷 川北 岸谷 川北 岸谷 交替
10時30分〜
12時30分
岸谷 岸谷

横にスクロールできます

リハビリテーション科の取り組み

骨粗鬆症については日本骨粗鬆症学会認定医・骨粗鬆症マネージャ-を含んだチームを作って介入し、薬剤師、管理栄養士、理学・作業療法士その他の多職種で骨粗鬆症教室を開催するなど、患者さんへの啓蒙活動に力を入れています。

リハビリテーション科医師の紹介

  • 診療部長 岸谷 都 きしたに みやこ
    専門分野 リハビリテーション医学、義肢、装具
    得意な疾患・治療
    所持資格 日本リハビリテーション 医学会・専門医・評議員
    日本体育協会 公認スポーツドクター
  • 診療部長 川北 整 かわきた せい
    専門分野 リハビリテーション医学一般、骨粗鬆症、スポーツ医学
    得意な疾患・治療
    所持資格 日本リハビリテーション医学会 専門医
    日本整形外科学会 専門医・スポーツ医
    日本体育協会 公認スポーツドクター
    日本骨粗鬆症学会 認定医

診療科一覧