消化器科

当科では①消化管(食道、胃、大腸)の内視鏡検査及び治療、②ウイルス性の慢性肝疾患、肝臓癌、脂肪肝、脂肪性肝炎といった肝疾患に対する診療、③胆石、膵炎といった胆膵疾患に対する検査、治療の3点を診療の柱とし、消化器疾患全般に対する専門性の高い診療を行っております。
日本消化器病学会指導認定施設、日本消化器内視鏡学会指導施設として、指導医や専門医が常在し診療や育成や指導にも努めています。肝疾患に対しても日本肝臓病学会専門医を中心に診療を行っており、ウイルス性慢性肝炎に対する抗ウイルス薬の助成申請や、金沢大学附属病院消化器内科との連携もしております。
外科とも積極的に連携しており、腹腔鏡内視鏡合同手術(LECS)といった治療も行っております。
診療に際しては十分な説明を心がけておりますので、ご不明な点などがあればお気軽にお尋ね下さい。

対象となる疾患や治療・検査について

食道・胃・十二指腸

胸焼け等を呈する逆流性食道炎
ヘリコバクターピロリ胃炎に対する除菌治療
静脈瘤に対する内視鏡治療
早期癌に対する内視鏡診断・治療
進行癌に対する抗癌剤治療など

大腸

大腸ポリープ・早期癌に対する内視鏡診断・治療
潰瘍性大腸炎やクローン病といった炎症性腸疾患
慢性的に下痢・便秘を呈する過敏性腸症候群
進行癌に対する抗癌剤治療など

肝臓

B型慢性肝炎やC型慢性肝炎に対する抗ウイルス剤治療
脂肪肝や脂肪性肝炎、原発性胆汁性胆管炎、自己免疫性肝炎
肝臓癌に対する血管塞栓術や抗癌剤治療など

胆道・膵臓

胆石(胆のう結石)、総胆管の結石に対する内視鏡治療
胆道癌(胆嚢癌、胆管癌)に対する抗癌剤治療や内視鏡治療
膵癌に対する超音波内視鏡検査や抗癌剤治療
急性膵炎、自己免疫性膵炎
慢性膵炎による膵石に対する内視鏡治療など

可能な検査

胃カメラ・腹部超音波:当日絶食で来院されれば予約なしでも可能です。意識下鎮静を希望される方は当日の車の運転が出来ません。詳しくはお電話等でお問い合わせ下さい。
大腸カメラ:検査の説明を行い,後日予定します。
肝生検・内視鏡的胆管膵管造影検査:短期入院にて行っております。

当院の内視鏡検査・治療について

日本消化器内視鏡学会の指導施設に認定されており、指導医や専門医が常在し検査や治療を担当しています。年間およそ6000件の検査を行っています。
内視鏡技師会認定技師が常在しており、マルチソサエティガイドラインに準じた感染対策や内視鏡の洗浄を行い、安全かつ清潔に内視鏡検査・治療を提供できるように努めています。
オリンパス製の最新シリーズ「EVIS LUCERA ELITE, OLYMPUS」を採用し、最新機器を配備しています。また、鼻から行う経鼻内視鏡や細い大腸内視鏡スコープの導入、大腸カメラにおいて全例に炭酸ガスを使用するなど、苦痛の軽減にも努めています。
食道、胃、大腸の早期癌や大きな腫瘍性病変に対する内視鏡的な粘膜下層剥離術(ESD)を積極的に行っています。
小さな大腸ポリープに対しては出血の危険性が少ないコールドポリペクトミーも行っております。
胆管結石に対しても積極的に内視鏡にて治療しており、高齢の方に対しても安全に治療を行っております。
膵石や膵臓の手術後の狭窄など、高度な技術を要する内視鏡治療も行っています。

早期癌に対する内視鏡治療(内視鏡的粘膜下層剥離術:ESD)について

食道、胃、大腸の早期癌や癌が疑われる病変に対して、内視鏡を用いて確実に切除します。従来は手術が必要であった病変に対しても内視鏡にて治療が可能になっています。

治療前
治療前

治療中
治療中

治療終了時
治療終了時

炭酸ガスについて

医療用の炭酸ガス(二酸化炭素)を大腸検査の際に用いています。炭酸ガスは腸管からの吸収が早いため、検査中や検査後にお腹の張りや吐き気を感じることが少なく、検査に伴う苦痛の軽減が期待できます。

炭酸ガス未使用時
炭酸ガス未使用時

炭酸ガス使用時
炭酸ガス使用時

胆管結石の内視鏡治療(内視鏡的乳頭切開術:EST、乳頭大バルーン拡張術:EPLBD)について

総胆管結石は内視鏡にて採ることが出来ます。これまでにも行われていた胆管の出口を切り開く乳頭切開術だけではなく、大きなバルーンを用いた方法でより大きな石も簡便に治療が可能になっています。当院では高齢の方に対しても安全に治療しています。

大バルーンによる拡張
大バルーンによる拡張

結石の排出
結石の排出

食道・胃静脈瘤に対する内視鏡治療について

食道や胃の静脈瘤に対しては、治療後の再発が少ないとされている、内視鏡を用いて硬化剤を直接注入し静脈瘤をつぶしてしまう治療を行っております。

胃静脈瘤からの出血
胃静脈瘤からの出血

硬化剤注入後に止血された状態
硬化剤注入後に止血された状態

曜日別担当医

 
午前 新患 若林 方堂 代田 若林 方堂 交替
再診 代田 若林 須田 代田 代田

担当医の専門分野

院長 若林 時夫 肝・胆道・膵疾患
診療部長 代田 幸博 消化器、肝・胆道・膵疾患
医長 方堂 祐治 消化器、肝・胆道・膵疾患
医長 須田 烈史 消化器、肝・胆道・膵疾患

ページの先頭へ